現場と会社の面接の現実

面接で見ている部分は企業によって違いがあります。

面接をクリアするためのポイント

現場と会社の面接の現実 面接で見ている部分は企業によって違いがあります。これは、求めている人材像があるためです。ですから、企業が求めている人材像と自分を比較し、合っている場合はそのままの自分で面接に挑んでも問題ありません。しかし、人材像と合っていない場合は、人材像に近づく必要があります。ただし、自分の性格や考え方を変えるのは簡単なことではないので、偽りの自分を演じて面接に挑むような状況は、好ましいとは言えません。そのため、自分の性格や考え方に合う企業を発見することは、面接をクリアするためのポイントです。

企業が求めている人材になりきることができれば、採用される可能性はあります。しかし、なりきった自分で長く働き続けるのは大変です。一定期間はなりきれたとしても、10年や20年という長期間の間、ずっとなりきることによる精神的な負担は小さくありません。ですから、企業が求める人材になりきる際は、採用されることばかりを考えるのではなく、面接をクリアした後に働いている自分の姿をイメージすることが大切です。イメージした結果、なりきったままで働くのが難しいと判断した場合は、別の企業に目を向けることをお勧めします。世の中にはたくさんの企業があるので、探し続けていれば自分に合う企業を発見できる可能性は十分にあります。