現場と会社の面接の現実

アルバイトの面接というのは、志望動機を聞かれることがあります。

面接でシフトのバックアップ体制を確認する

現場と会社の面接の現実 アルバイトの面接というのは、志望動機を聞かれることがあります。なぜここでアルバイトをしたいのかを聞くことによって、その人物がわかってきます。学生では面接を受ける時に答えることでは、学校が終わった時間を有効に使いたいとか、社会勉強を兼ねて働きたいということがあります。スーパーで働くことを希望している人は、店舗によってはとても多くの人が関わっていますので、やりがいを感じる人もいますし、また社会勉強として就職活動の一環としてとらえている人がいます。

スーパーの面接ではシフトについて聞かれることもあり、週に何回くらい働くことができるのかを確認されます。週に3回くらいということもあれば、店舗によっては5回は来てほしいというところもありますが、人材がたくさんいる店舗ではシフトも組みやすいということがわかります。スーパーの中にはバックアップ体制が整っているところがありますので、面接で聞いておくことも大切になります。学業が優先になりますので、テスト期間に出勤ということにならないように、シフトのバックアップをしてくれる店舗が働きやすいということがいえます。働きやすい環境かどうかを判断することも大切な選び方です。