現場と会社の面接の現実

スーパーの面接では前職を辞めた経験がある人に、なぜ辞めたのかを聞くこともあります。

面接で聞かれることがあります

現場と会社の面接の現実 スーパーの面接では前職を辞めた経験がある人に、なぜ辞めたのかを聞くこともあります。採用する店舗には、地域に根づいた営業を行っているスーパーもあるので、アルバイトにも人物重視で採用をしています。以前のアルバイトを辞めた理由から見えてくるものがありますので、自分の人間像が採用の鍵を握っているといえます。アルバイトの採用を担当する面接官は、その人物が真摯な姿勢で働くことができるのか、不正を働いたりしないのかを見ることが大切ですので、とても話を聞いてきます。

話を聞くことによってわかることは、辞めた理由が人間関係でのトラブルだったり、自分勝手なことであれば、やはり採用をためらうことも考えられます。しかし、前職を辞めた理由が家庭の事情だったり、働く時間の問題だったりすることでは、理由として納得できる部分があるので採用されやすいといえます。しかし、受け答えしていると、その話が本当であるのか嘘であるのかを見抜けますので、真実を話すことが面接で大切なことです。真摯に向き合って以前の自分の悪いところを反省して働いていきたいという気持ちを持っていると、採用されることも多くなっていきますので、考えて行動をすることです。