現場と会社の面接の現実

企業の面接では、自己PRと志望動機を中心として質問が広がっていきます。

面接を練習することで自信がつきます

現場と会社の面接の現実 企業の面接では、自己PRと志望動機を中心として質問が広がっていきます。面接官の質問を受けることによって、より合格への道が近付いているということを理解しておくことです。あまり質問をされない人では、興味がないということになってしまうので、自分の学生時代の想い出を話すこともありますし、人生で一番のピンチだったことなども話によって用意しておくことです。あらかじめ考えを整理して、スムーズに言えるくらい練習しておくことで、面接を乗り切ることができるようになります。面接は正解がありませんので、少しでも自分のことを興味を持ってもらえたり、また理解をしてもらうことは大切なことになります。

言葉で伝えることは、練習をしておかなくてはいけないのは、適当なことを言ってしまう可能性があるからです。知らないことを知ったかぶったりする人もいますので、面接時に指摘されると応えられなくなってしまいます。面接では当たり前ですが、言葉遣いや態度も注意しながら練習することです。自分では気が付いていないマナー違反があるかもしれないので、誰かに見てもらうことです。面接前に徹底的に練習しておくことで、自信になってきますし、当たって砕けろという精神が生まれてきます。