現場と会社の面接の現実

就職活動や、転職活動で重要ポイントとなる面接対策としては、事前の準備をしっかり行うことが大切です。

面接には事前の準備が大切です。

現場と会社の面接の現実 就職活動や、転職活動で重要ポイントとなる面接対策としては、事前の準備をしっかり行うことが大切です。ただ質問に対して答えるだけではなく、自身のことばの中に、質問の回答と、企業の方針の魅力、また自身の意力をうまく組み合わせて話をすることが重要です。1つの会話の中に、起承転結をきちんと構成し、かつ、自分と企業のマッチングしていると感じる部分、そして、自身がどんな形で、企業に貢献できるかをしっかり伝えれるように準備をしましょう。

事前の準備としては、自身のことを知る必要があります。新卒採用の場合は、学生時代に行ってきたこと、結果や評価などがあればそれもしっかり伝え、また企業に対し、これらの実績が何に役立つかを的確に伝えられるように構成を練りましょう。この質問が来たら、この内容とこの内容を組み立てて話す。などといったように話したい内容をいくつかのブロックに分け、組み立てが出来るようにすると話のバリエーションも増えます。

転職活動の場合も同じように、過去に就職していた企業ではどのような立場で、どのような事をしていたのか、部下や役職名、実績を折り込み、今後どのようなビジョンをもっているのかを伝えると良いです。